忍者ブログ
日々の備忘録。 recollect=思い出す。 re-collect=再び集める。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一度でいいから参拝したいと思っていた伊勢神宮に行くことができました!

昨年は20年に一度の遷宮(新しいお宮へ神様が引越しをすること)がありました。
旧宮はすぐに解体されるのかと思っていたのですが
翌年の3月くらいまでは残されているのだそうです。
つまり、新宮と旧宮が並んでいるところを見ることができる。
そして、次にこの光景を目にすることができるのは20年後。

20年後も生きている可能性はそれなりに高いとは思いますが
人間、いつ、何があるか、わかったもんじゃない。
ここ数年で身近な人の闘病や死を目の当たりにしてそんな気持ちは強まるばかり。

行きたいときに行きたいところに行く。
やりたいときにやりたいことをやる。

というわけで
新宮と旧宮が並んだ姿を見ることができると教えてくれた友人と
人生初のお伊勢参りに行ってきました。

歴史上の言葉としてしか聞いたことのなかった「お伊勢参り」。
昔は本当に一生に一度の大イベントでしたが
今は新幹線や夜行バスを使えば日帰りだって簡単にできちゃう。
それでもなんだかうきうきするのは日本人のDNA???

そんな物見遊山的な好奇心が90%くらいの状態で参拝したのですが
伊勢神宮は本当に素晴らしかったです。
今回は友人のつながりで禰宜を務めていらした方にご縁をいただき
参拝のご案内をしていただきました。
通常ならば足を運ばないであろう博物館や美術館にも案内していただき
神宮の隅から隅までご存知の方にいろいろなレクチャーを受ける。
それがどれだけ贅沢で得がたい機会なのか…はいかに呑気な私でもわかるわけで。
…初心者丸出しの質問をなげかけてあきれさせたなんて言わないんだからね!

そんなうきうきな物見遊山的態度でしたが
神宮の厳かさの前には居住まいを正しました。

ものすごい人の数なんですよ。
週末だと1日に5万人くらいの人出。
平日でも2,3万人くらい。
ここはディズニーランドか?と言いたくなる程の人が境内には溢れているのに
鳥居をくぐり森の中を進むと空気が違うのです。
背筋を伸ばして深呼吸をしたくなってくるのです。

私は特定の宗教を信仰してはいませんが
人知を超えた存在があるということは信じています。
ここにはその「何か」がいてくださるのだろうなぁ…と勝手に感じていました。

伊勢神宮には「外宮」と「内宮」があってちょっと場所が離れています。
遷宮は昨年中に双方で行われていますが
(他にも123の宮社があり遷宮の行事自体はまだまだ続いています)
内宮の旧宮はすでに解体に入っているようで
現在、新旧のお宮を見ることができるのは外宮だけです。

通常の参拝は4つもの門の外からなのですが、
特別参拝として寄付をする(初穂料を奉納する)ことで
御垣内参拝をすることができます。
そして御垣内参拝をした人は旧宮の中を見せていただけます。

旧宮からは既に神様はお引越しをされていて要は誰もいない空き家です。
それでも中にいる時間はただただ静かでただただありがたく。
なぜだかわからないけれど涙が出てきそうでした。

機会がありましたらぜひご参拝ください。


などと珍しく神妙な気持ちになったりもしましたが
最後は内宮門前のおはらい町で食べて食べて食べての物見遊山♪
こんな遊んでいていいのかな…と思ったりもしたのですが
ご案内役の禰宜の方が
「楽しんでいってください。それもあわせてお伊勢参りですよ。」
というようなことを言ってくださったのでこれでよいようです^^;


聖も俗も含めてお伊勢さんは懐が広く奥が深いです。
「何事の おはしますかは知らねども かたじけなさに 涙こぼるる」(西行)
「伊勢参り 大神宮にも ちょっと寄り」(狂句)
伊勢検定のテキスト、買いましたw
また、お参りにいこうと思っています。

昔はまったくヨーロッパに興味がありませんでした。
海外旅行をするなら…という妄想をすると
たいていは
・ビーチリゾート
・東南アジアの美味しいもの
・なんだかんだでアメリカ
というのが個人的なファイナルアンサーでした。

ですが、ここ数年、エセ美術愛好家を続けているせいで
やっと?ヨーロッパもいいなぁと思うようになりました。
とはいえ基本的に印象派やエコールドパリが好きな領域なので
ヨーロッパといってもフランスがメインになりますが。
あとはゴッホが見たくてオランダ。
これじゃヨーロッパに興味あるとは言えないですかね…
…スペインのサグラダファミリアとかアルハンブラ宮殿とかも行きたいよ!?

ちなみに今行きたい世界の美術館はこんな感じです。

*オルセー美術館(フランス・パリ)
*オランジェリー美術館(フランス・パリ)
*メゾン・アトリエ・フジタ(フランス・バークル)
*モネの家(フランス・ジヴェルニー)
*ロザリオ礼拝堂(フランス・ヴァンス)
 →モネの家と礼拝堂は完全に原田マハさんの小説「ジヴェルニーの食卓」の影響
 

*クレラー=ミュラー美術館(オランダ・エーデ)
 →国立新美術館行きますけど…
*ゴッホ美術館(オランダ・アムステルダム)
 →日本でゴッホ展をやっていたと知ったのが会期の終了直後で悔しさ100倍(T_T)

ヨーロッパには名だたる美術館や芸術家関連の史跡が山のようにありますが
とりあえず私が行きたいのはコレだけ!なんです!
なのに…なのに…
当然ですが、この全部をまわってくれるなんて都合のいいツアーはありません。
もしかしたら美術系ツアーで探せばあるのかもしれませんが可能性は低い。

となると
1.フリータイムの多いツアーを利用してオプションを組み込むか
2.完全に自力でスケジュールを組み立てるか
しかないわけですが
…いずれにしろ、面倒くさいの一言に尽きますwww

もう飛行機で12時間とか16時間はいいとして(それも大変だけど)
行き慣れない国に行くのはいろいろと大変です。
お金も手配も言葉も…考えるだけで面倒くさいwww

そう考えると国内旅行って便利ですな。

もっともいかにやる気になったところで
そんな優雅な生活を送る前にやらなきゃいけないことがあるわけで…
しばらくは「『準備が面倒なんだけど』と言いながら準備をする」
という妄想を楽しむだけで精一杯ですね…(゜-゜)



あ、あとはアメリカだけど
*MOMA
も行きたいです♪


 

海が好き。

こんなことを気楽にいうと
東北の大震災の津波で大切な人を失った人たちに怒られるかな。

もちろん私は穏やかな海しか知らない。
だから気楽にそんなことを言ったらいけないのかもしれない。

でも海で命を失った人はたくさんいるよね。
事故で命を落とした人。
自ら海に飛び込んだ人。
海に飛び込まざるを得なかった人。

日本だけじゃなくて世界中で。
この数年だけじゃなくてずっとずっと昔から。

自然の前で人間は無力。
だから、なのかな?
山や海や草原や湖を見て美しいと思うのは。

そんな小ざかしい理由付けはおいといて
私は海が好き。
深い紺碧の海もエメラルドグリーンの海も。
朝日が昇るのも夕日が沈むのも。

母も海が好きだった。
だから、かもしれない。

「海は一日見ていても飽きない」と母は言っていた。
正直、わかるようなわからないような気がしていたけれど
先日海を見にいったときに私も同じことを感じていた。

厳しい顔を見せることも知っているけれど。
多くの人を飲み込んで多くの人が眠る場所だとも知っているけれど。
全部ひっくるめて、海が好き。


calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
search(this blog)
profile
HN:
re-co@flea
性別:
女性
自己紹介:
しばらくはアラフォーの社会人。
ゆるゆると受験生をやっています。
弁護士になったら井戸端会議風法律相談カフェのオーナーになる予定。
about
弁護士を目指しています。
だから勉強は大切。
でも勉強以外の毎日も大切にしたい。

記録しておきたいこと。
記憶の手がかりにしたいこと。
いろいろと。
ほぼ自分のため雑記帳です。
contact
"re-co@flea" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]
PR